小田尚稔の演劇<br>「是でいいのだ」 “Es ist gut”

2022.3.11 - 3.17

小田尚稔の演劇
「是でいいのだ」 “Es ist gut”

脚本・演出

小田尚稔

出演

加賀田玲、木村友里、久世直樹、澤田夕唯、鈴木睦海、善長まりも

公演日程

2022年3月11日(FRI)-3月17日(THU) [全12回公演を予定]

3/11 (FRI) 19:00-
3/12 (SAT) 14:00- /19:00-
3/13 (SUN) 14:00- /19:00-
3/14 (MON) 19:00-
3/15 (TUE) 14:00- /19:00-
3/16 (WED) 14:00- /19:00-
3/17 (THU) 14:00- /19:00-

チケット料金

全席自由席・日時指定
予約2,800円 当日3,300円

3.11 -19:00
3.12 14:0019:00
3.13 14:0019:00
3.14 -19:00
3.15 14:0019:00
3.16 14:0019:00
3.17 14:0019:00
  • 上演時間は約2時間20分程度を予定しております(途中5~10分程度の休憩が御座います)。
  • 受付及び開場は各回開演の30分前です。

登場人物のひとりである女は、就職活動の面接の前に立ち寄った新宿のマクドナルドで被災する。電車が動かないので、徒歩で家がある国分寺まで帰宅しようとする。中央線沿いを歩く最中、彼女は当時のさまざまな風景をみて、それらの様子から回想をする。歩き疲れて夜空の星をみながら、震源地からも近い実家に住む両親のことを想う。そのときにみた星空の様子は、カント (Immanuel Kant:1724-1804)『実践理性批判』の「結び」の一節、 「ここに二つの物がある、それは〔略〕感嘆と畏敬の念とをもって我々の心を余すところなく充足する、すなわち私の上なる星をちりばめた空と私のうちなる道徳的法則である」カント『実践理性批判』(岩波書店、波多野精一・宮本和吉・篠田英雄訳、1979年、317頁)とともに語られる。

※ 本公演は以下の出演者がダブルキャストです(出演日程は以下の通りです)。
_
◆ 善長まりも 出演日程
3/11 (FRI) 19:00-、3/12 (SAT) 14:00-、3/13 (SUN)19:00-、3/15 (TUE) 14:00- /19:00-
◆ 木村友里 出演日程
3/12 (SAT) 19:00-、3/13 (SUN) 14:00-、 3/14 (MON) 19:00-、 3/16 (WED) 14:00- /19:00-、3/17 (THU) 14:00- /19:00-

※ 下記のURLより2022年2月1日正午よりご予約を承ります。
https://shibai-engine.net/prism/webform.php?d=0tgm7pli

※ 感染症対策の為、ご来場の際はマスクの着用をお願い致します。入場時に手指のアルコール消毒と非接触の検温をさせて頂きます。体調の優れない方、37.5度以上の熱がある方は来場をご遠慮下さい。
※ 不測の事態が発生し公演を中止・延期をする場合は、情報を更新のうえ速やかにその旨アナウンス致します。

音楽:原田裕介
音響:福島慎太
記録映像撮影:河野恭平
演出助手:木村友里、福島慎太
協力:シバイエンジン、バウムアンドクーヘン
企画・制作:小田尚稔
主催:小田尚稔の演劇/小田尚稔
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

お問い合わせ:
小田尚稔の演劇
odanaotoshi@gmail.com