tatazumi #1<br>『明けない夜があったとして』

2019.9.20 - 9.22

tatazumi #1
『明けない夜があったとして』

脚本・演出

大内郁

出演

大関一成・熊倉由貴・黒瀬夏希・斉藤ほのか・坂下優河・笹渕蛇口・高附直輝・野尻佐央

作曲・演奏

栗原真葉

公演日時

9/20金 14:00
9/20金 19:30
9/21土 14:00
9/21土 19:30
9/22日 14:00
9/22日 18:00

チケット

全席自由席・日時指定
学生1500円・一般2000円(事前予約・当日精算)

※小学生以下、介助・介護者等の付添人 / 無料
※当日券(予約なくお越しいただいた場合)はそれぞれ+500円となります

9.20 14:0019:30
9.21 14:0019:30
9.22 14:0018:00
  • 上演時間約90分を予定しています。
  • 受付開始・開場は各回とも開演30分前です。

憲法改正の国民投票が迫った東京、「ほしぞらキャンプ」へと集まった学生たち。かつての同級生、別れ間際のカップル、大学へ行けない大学生。冗談に包まれた小さな痛みが渦巻きながら、ひっそりと夜はふけていく。星空への期待も曇天の下、訥々とした独り言はいったい誰に聴こえるのか? だらしない閉塞感とやがて訪れる忘却。それでもなお私たちは。

美術:志賀耕太
広報:松本海月
制作:土田高太朗
演出助手:金子未羽・松井瑞希
美術・制作助手:荒川弘憲・岡田夏旺・永井あかり

予約ページ:
https://forms.gle/TQaavYoXGtc3n6r27

お問い合わせ:tatazumi
tatazumi.lll@gmail.com

tatazumi

2019年3月発足。各々が各々の生活をもちつつも表現(への模索)を通じて関わりあうひとつの場をたもつために。第1回の活動として演劇公演の企画・制作を行うが当分野に専念するかは未定である。