ライブ・ポイエーシス=詩制作パフォーマンス<br>「おと/ずれる言語」

2019.6.26

ライブ・ポイエーシス=詩制作パフォーマンス
「おと/ずれる言語」

出演

管啓次郎、永方佑樹

アフタートークゲスト

佐々木敦

日程

6月26日(水)19:30開演

料金

予約 2,500円
当日 3,000円

6.26 WED19:30
  • 開場は開演の30分前になります。

私たちは「詩」を「制作」してゆく。あるいは「詩」をくぐり、「制作」してゆく。
_
その時、何が起きるのだろうか。回帰への懐旧。根源からの、おとずれの憑依。規定されない、魂に触れる言語を口ずさんでいた頃の呼吸を繰り返せば、もしくは、あの頃の発話との再会があるのかもしれない。何より、言語は一つとは限らないのだ。既論は崩れ、詩は偶然により解体され、再構築されてゆく。私たちの視覚も聴覚も、ひたすら現前する今のみ感覚してゆく。だが果たしてそうだろうか。私たちが感覚しているのは、すべてが実は痕跡なのではないだろうか。昔年は想起として、現在は過ぎ去ったばかりの今として、未来は予感した経験の残光として。すべての音は、おとずれた頃には、おと/ずれている。「詩」は、しかしそれらを描写するだろう。「詩」の中で、原初は今へとずれてゆき、過去へと遠ざかってゆく瞬間は引き止められ、予感は太古へと揺らぎながら現前として収集される。
私たちは「詩」を「制作」してゆく。それはつまり、「詩」をくぐり「制作」する、ということである。
_
*これはライブ形式の制作プログラムです。事前のクリエーションからプロジェクトは既に始まっています。当日まで、出演者を含めた様々な情報が更新されてゆきます。
_
*制作における思考記録用Twitterアカウントは5月24日(木)稼働予定
https://twitter.com/SbwKnr4Bwcfxam4

予約方法:
info@scool.jp にてメール予約受付。
※件名「おと/ずれる言語」本文に「名前」「電話番号」「枚数」をご記入ください。こちらからの返信をもってご予約完了となります(24時間以内に返信します)。定員になり次第受付を締め切らせていただきます。
※予約キャンセルの場合は、お手数おかけしますが、 必ず事前にご一報ください。

お問合せ:SCOOL
メール info@scool.jp

企画:永方佑樹

【出演者プロフィール】
管啓次郎(すが・けいじろう)

1958年生まれ。詩人、比較文学研究。明治大学理工学部教授(批評理論)。仏西英語翻訳者としての長いキャリアのあと、2010年から詩を発表している。代表作に『Agend’Ars』4部作、『数と夕方』、英文詩集 Transit Bluesなど。批判的旅行記『斜線の旅』で読売文学賞受賞。2019年3月にはアメリカ比較文学会にて「管啓次郎の仕事」と題された研究セミナーが開催された。

近著:Transit Blues(University of Canberra, 2018)、そのスペイン語訳(Macasar ediciones, 2019)、選・解説を担当した『村次郎選詩集 もう一人の吾行くごとし秋の風』
_
永方佑樹(ながえ・ゆうき)

詩人。JR西日本紀勢本線「きのくにトレイナート」での「車掌さんが読むための詩2017、2018」など、社会やアートとリンクした詩活動も行う。近年はフィンランド、台湾、韓国、コソボ、チュニジアの詩祭に招待されるなど、海外での活動も多い。また、テキストベースの詩作のみならず、水などの自然物や、音や映像等のテクノロジーを使用することで、詩を立体的に立ち上げる「立体詩」パフォーマンスを展開。米アイオワ大学クリエイティブ・ライティング科等での実施に加え、2018年秋にはフランスにて「立体詩」のソロおよびコラボ公演を行なった。2012年「詩と思想」新人賞受賞。

近著:詩集『不在都市』(思潮社2018)、『√3』(思潮社オンデマンド2016)