劇団ダンサーズ旗揚げ公演<br>岸田國士『動員挿話』

2019.5.24 - 5.26

劇団ダンサーズ旗揚げ公演
岸田國士『動員挿話』

日時

5月24日(金)19:30〜
5月25日(土)15:00〜
5月26日(日)15:00〜

料金

予約 2,500円
当日 2,800円

5.24 FRI19:30
5.25 SAT15:00
5.26 SUN15:00
  • 開場は開演の30分前になります。

「集まれば使える」(羽鳥嘉郎)のか?この問いにこそ、今やもっとも緊急性がある。「使える」が自明らしいメインストリームから遠く離れ、集会(アセンブリ)=「ダンス作戦会議」に「集まった」人びとが、「劇団ダンサーズ」として岸田國士!を上演する。ダンスによる演劇?演劇によるダンス?いや、そんなことより、「集まれば使える」かどうかこそが問われる。
内野儀(批評家)

演出・出演:
岡田智代
神村恵
白井愛咲
白井剛
新宅一平
福留麻里
_
文芸部:桜井圭介、渋革まろん
セノグラフィーアドバイザー:杉山至
衣装アドバイザー:臼井梨恵(モモンガ・コンプレックス)
イラスト:小林耕平/チラシ・デザイン:白井愛咲
協力:土屋光(SCOOL)
主催:ダンス作戦会議

予約方法:
info@scool.jp にてメール予約受付。
※件名「動員挿話」本文に「名前」「電話番号」「希望日程」「枚数」をご記入ください。こちらからの返信をもってご予約完了となります(24時間以内に返信します)。定員になり次第受付を締め切らせていただきます。
※予約キャンセルの場合は、お手数おかけしますが、 必ず事前にご一報ください。

お問合せ:SCOOL
メール info@scool.jp

「劇団ダンサーズ」は「ダンス作戦会議」から生まれたダンサーによる演劇プロジェクト。
ダンスの枠組みの中で演劇的手法を用いるのではなく、ダンサーがあえて演劇を演劇として実践することで、演劇の中にあるダンス的な可能性を探る。
日本近代演劇の代表的な戯曲を取り上げ、メンバーによる演出・出演のもと順次上演を予定している。
_
岸田國士『動員挿話』(1927年)の舞台は明治37年の日露戦争前夜。出征を控えた宇治少佐は馬丁友吉を供として連れて行こうとするが、その妻数代は頑なに抵抗する。友吉は世間体や義理から、出征する決心を妻に告げる。自分は死を選ぶという説得にも耳を貸さない夫に、数代は絶望し立ち去るが・・・
_
青空文庫『動員挿話』
https://www.aozora.gr.jp/cards/001154/files/52309_46706.html

ダンス作戦会議

ダンサー・振付家や批評家・制作者など「ダンス当事者」が流動的に集まる場として2018年10月に発足。すでに行われているダンスを巡る議論ではなく、新たなダンス実践のための作戦立案および実行を目的とする。

岡田智代

1956年生まれ。大学卒業後ダンスから離れ、三児の母になった後再び踊り始める。ソロ活動の他、ジェローム・ベル、山下残をはじめ国内外振付家の作品に出演。近年は演劇にも活動の幅を拡げる。静謐な時間と炸裂するエネルギーを併せ持ち、生きるように踊る。

神村恵

振付家・ダンサー。2004年より活動を開始する。物質としての身体、言語に規定される身体、他者との関係によって動かされる身体など、身体を様々な側面から観察し、作品を制作・発表している。2016年より美術家 津田道子とのユニット「乳歯」を始動。

白井愛咲

ダンサー・振付家。立教大学映像身体学科を卒業後はソロで活動するほか、神村恵カンパニー、尾花藍子作品、かえるPなどに出演。ダンスを現象学的に捉え、予期と反復による想起を意識した作品を創る。街歩きダンスユニット「アグネス吉井」としても活動中。

白井剛

1998年「study of live works 発条ト(ばねと)」設立。2006年、活動単位「AbsT」を設定。 作品毎に形態を変えながら活動を行う。様々な対象と交感し揺れ動く身体性と視点が評され、音楽・美術など他ジャンルとのコラボレーションも企画される。

新宅一平

ダンサーとしてBABY-Q、off-Nibroll、伊藤キム、今貂子、小野寺修二、鈴木ユキオ、田畑真希、山下残らの舞台に出演。2011年、さらなる舞台表現の可能性を探るべく、ファンシーな創作ダンス集団「ドドド・モリ」を結成し公演を重ねる。

福留麻里

ダンサー・振付家。2001年より新鋪美佳とのダンスデュオほうほう堂として活動。2014年ソロ活動開始。作品発表をはじめ、道、川原、公園、誰かの家、誰かや何かとのコラボレーション等、様々な人や場、状況と共に踊る。