高架線

2018.1.26 - 1.28

<SCOOL パフォーマンス・シリーズ2017 Vol.6>

高架線

原作:滝口悠生 脚本・演出:小田尚稔

原作

滝口悠生『高架線』(講談社)

脚本・演出

小田尚稔

出演

犬飼勝哉、伊藤拓、細井準、他

公演日時・チケット購入

11月発表予定

プロデュース

佐々木敦

音楽・音響

土屋光

映像撮影・編集

佐藤駿

協力

犬など、講談社、コンプソンズ、SCOOL、わっしょいハウス

『高架線』演劇化計画
_
芥川賞作家、滝口悠生さんの初の長編小説『高架線』(講談社より9月28日発売)を演劇化します。
上演台本と演出を手がけるのは「悪魔のしるし」「わっしょいハウス」などに出演してきた俳優で、ここ数年は「小田尚稔の演劇」を主宰して自ら作演出の舞台を手がけ、めざましい活躍を見せている小田尚稔さん。
家賃3万のボロアパート「かたばみ荘」をめぐる、16年に及ぶ物語。複数の人物たちの語りの連鎖で構成された原作は、それ自体、演劇的と言ってよいものです。読み終えてすぐ、これを小田尚稔さんに演劇にしてもらいたいと思い立ちました。
小田さんの演劇は、登場人物が自分の境遇を誰かに向かって(「観客」に向かって?)物語る、ということを最大の特長としています。それは小説的とも呼べるかもしれません。演劇的な小説を、小説的な演劇にする、そこに起こるメタモルフォーゼを、ぜひ見届けてください。
_
公演は2018年1月を予定しています。つきましては、この公演の出演者のワークショップオーディションを行います。詳細は以下をご覧ください。
_
尚、9月8日より、新宿眼科画廊で「小田尚稔の演劇」の新作『悪について』の上演が始まります。こちらもぜひご覧ください。
http://odanaotoshi.blogspot.jp/2017/05/20179.html
_
佐々木敦

「高架線」出演者オーディションについて
_
2018年1月末にSCOOLにて上演予定の「高架線」について、
公演にご出演をご希望する方に向けてのオーディションを以下の日程で開催いたします。
_
【概要】
1月末SCOOLにて上演予定の「高架線」への出演者の募集
_
【内容】
滝口悠生『高架線』(講談社)の小説の一部抜粋、あるいは小田尚稔が過去上演した台本の一部抜粋を用いた、ワークショップ・オーディションを予定しております。
_
【日程】
① 2017年10月4日(水)15時-17時
② 2017年10月4日(水)19時-21時
③ 2017年10月5日(木)15時-17時
④ 2017年10月5日(木)19時-21時
⑤ 2017年10月10日(火)15時-17時
⑥ 2017年10月10日(火)19時-21時
_
【会場】
SCOOL
_
◆ 御応募の締め切りは2017年10月1日(日)の23:59迄です。
_
※各回約2時間程度を予定しております。
※各回1回のみのご参加です。
※参加費などは御座いません。
※各回定員になり次第、ご応募を締め切らさせて頂くことがあります。
_
【お申し込み方法】
件名を【「高架線」出演者オーディション(ご応募頂く方のお名前)】とし、
以下の【必要事項】をご記入のうえ、 odanaotoshi@gmail.com までご連絡ください。
追って、会場や時間帯の詳細をご連絡いたします。
_
必要事項
① 名前
② 連絡先(メールアドレス・電話番号)
③ 参加を希望される日時(第一希望、第二希望、第三希望までの日時を記入)
※ メール受信後、5日以内にこちらからの返信をさせて頂きます(返信が無い場合、メールが正常に届いていない場合がありますので、再度お送りして頂く場合がございます)。

主催:吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)