AYATORI EXPERIMENT

2017.10.13 - 12.16

AYATORI EXPERIMENT

Rie Tashiro×山口紘

ダンス

Rie Tashiro

音楽・インタラクティブシステム

山口紘

日程

2017/10/13/Fri 20:00 START
2017/12/16/Sat 19:00 START

料金

1000yen +1drink

10.13 FRI20:00
12.16 SAT19:00

新しいダンスのあり方を探る実験的公演
AYATORI EXPERIMENT 開催
Rie Tashiro(ダンス)×山口紘(音楽・インタラクティブシステム)
_
AYATORIはダンス、音楽、建築、映像、美術など色々な分野のアーティストをメンバーに入れ、それぞれの分野から「舞台作品」を創作するプロジェクトです。今現在、振付家のRieTashiroと音楽、インタラクティブシステムの山口紘でメンバーを構成し、それぞれダンスからみた表現とは何か、音楽、インタラクティブシステムからみた表現とはなにか、日々考え取り組んでいます。そんな中、私達が求めている表現とはなにか、手探りの段階から形にしていくことで、新しい表現に近づいていきたいと思い、今秋から三鷹SCOOLでAYATORI EXPERIMENTというイベントを開催することにしました。このイベントではAYATORIが今考えていること、取り組んでいる表現についてワークインプログレスという実験的な形式でみなさんにシェアしていきたいと考えていま す。通常の公演形式ではなく、作品以前の実験的な試みを行っていきます。また作品ばかりでなく、 表現と交流の場も新しく作っていきたい、そんなふうに考えています。カルチャーといったら大袈裟ですが、私たちの表現を通してなにか新しいものやヒトに出会い、AYATORI自身がオモシロイ装置になれたらと思っています。開催予定の三鷹SCOOLは都心から少し離れていますが、なにかオモシロイことを企んでいる人たちがふらっと集まる素敵な場所です。そのような空間でみなさんと作品、そして表現の場を育てていけたらうれしいです。是非お気軽に遊びに来てください。

ご予約:projectayatori@gmail.comまで、ご連絡ください。
_
お問合せ:AYATORI
メール projectayatori@gmail.com

協力:
studio ARCHITANZ[アーティスト・サポート・プログラム]
label Speech
主催:AYATORI
_

Rie Tashiro(ダンサー・振付家)

ストリートカルチャーに刺激を受け、ダンスを始める。音楽・建築・メディアアートなど 様々な分野の アーティストとタッグを組み、作品を制作。横浜ダンスコレクション EX2015コンペティションIファイナリスト。2015年度日韓ダンスプロジェクトの振付家に 選出される。Seoul performing arts festival、横浜ダンコレクション企画のアジアセレク ションプログラムで韓国人振付家KimJiukとの共作を発表。
Seoul international improvisation festivalやInternational Society on Electoric Arts等 海外のフェスティバルにも招聘される。 近年では急な坂スタジオでのレジデンスを通して団体「AYATORI」を立ち上げる。2017 年度よりstudio ARCHITANZのA.S.P(アーティスト・サポート・プログラム)でグループ 作品の創作を本格的に始める。今秋10月より継続的に行う実験的な公演として 《AYATORI EXPERIMENT》を三鷹SCOOLで開催。

山口紘(音楽・インタラクティブシステム)

作曲を綿村松輝、湯浅譲二の各氏に師事。日本大学大学院芸術学研究科博士後期課程満期 退学。大学学部卒業後、コンピューターを使用した電子音楽作品の作曲や即興演奏を始め る。2007 年、サントリーホール小ホールにおいて「音楽展~作曲家・山口紘~」が開催 される。トーキョーワンダーサイト主催EXPERIMENTAL SOUND, ART & PERFORMANCEFESTIVAL入選。2008~2011 年公益財団法人ロームミュージックファ ンデーション奨学生。演劇、ダンスなど舞台作品の音楽の作曲および音響を多数務める。 2013 年、サウンド・アーティストの中川敏光氏と共に、音楽配信とイベント企画を主軸 にしたレーベル”speech”を立ち上げ、同レーベルより『Chairs of Grass』を配信限定リ リース。以後、レーベルSpeechとして、現代美術とのコラボレーションイベント( http://www.speechmusicartcritique.com/housebeats )や、即興演奏をテーマとした音楽イベ ント( http://www.speechmusicartcritique.com/live03 )などを主催、出演する。近年で は団体「AYATORI」の立ち上げに参加し、音楽・映像・コンピューターと身体のより密 接な関係を追求している。