こわれた家具のアーキテクツ――こわれた家具 Vol.2.0

2019.6.2

こわれた家具のアーキテクツ――こわれた家具 Vol.2.0

作曲

灰街令

鍵盤

井口みな美、灰街令

チューバ

坂本光太

トーク

灰街令、伏見瞬

日程

6月2日(日)
18:30開場/19:00開演

チケット

2,000円(予約・当日)

6.2 SUN19:00

わたし(灰街令)は国立音楽大学の修士課程にて作曲を学ぶかたわら、諸々の執筆活動を行っています。
その中で音楽的テーマとして発見したのが「こわれた家具」という概念です。これは言うまでもなくエリック・サティの「家具の音楽」を参照したものですが、明確な定義はじぶんのなかにも未だみつかっていません。
ただ、すべての音楽がストリーミングサービス等の影響によって「家具」として潜在的にアンビエント化する時代において、あまりに家具めいた音楽に亀裂が入る時、あるいはその家具の表面になんらかの強烈な署名が感じとられてしまう時に、19世紀的な「深い」聴取とは異なる仕方で、新しいナラティビティとリアリティが可能になるのではないかと考えています。
_
今回の「こわれた家具のアーキテクト」ではサティの代表作である《ジムノペディ》を断片化した演奏とドローン、あらゆる「日付」をめぐるテキストの朗読、東京のサウンドスケープなどを元に、4分33秒×10の、こわれた家具の時間が設計されます。
演奏は国立音楽大学修士課程を修了したピアニストの井口みな美、同大学博士課程に在籍中のチューバ奏者坂本光太とともにおこなわれ、また終演後には批評家であると同時に演奏・作曲活動を展開している伏見瞬と33分間の「聴取とその環境」をめぐるアフタートークが開催されます。

チケット予約:
https://kowakagu-architects.peatix.com/

お問い合わせ:
o58shou96.23@gmail.com

主催:灰街令

灰街令

ハイマチレイ。国立音楽大学作曲科修士2年。「こわれた家具」シリーズを中心とした作曲活動をおこなうほか、ジャンルを横断した執筆活動を展開している。

井口みな美

国立音楽大学附属中学、高等学校を経て、国立音楽大学演奏学科ピアノ専攻卒業、同大学大学院修士課程を修了。現在はソロ、室内楽、伴奏などフリー奏者として活動している。
これまでにピアノを遠藤陽子、宮下ゆかり、三木香代、渋谷淑子、中村和枝、藤田朗子、安田結衣子の各氏、室内楽を練木繁夫、今井顕、三木香代の各氏に師事。

坂本光太

チューバ奏者、パフォーマー、即興演奏家。現代・実験音楽を軸として活動する。近年は作曲家のみならず、美術家、ダンサー、詩人、サウンド・アーティストなどとの共同制作を行いチューバの新しい領域を開拓している。今までにルツェルン・フェスティバル・アカデミー・オーケストラ(ルツェルン, 2016)、メルツ・ムジーク(ベルリン, 2016)、IMPULS(グラーツ, 2017)などの国際現代音楽祭に出演。実験音楽とシアターのためのアンサンブル(EEMT)メンバー。

伏見瞬

作家、批評家。
音楽批評(インディー、ゴシック、インダストリアル、アンビエント、ノイズなど)を中心に執筆活動を行うほか、旅行×批評誌『LOCUST』編集長として、新たな雑誌のあり方を提示している。